旅するピアニスト

JPCollard3

 

1948年1月27日、音楽の妖精がジャン=フィリップ・コラールのゆりかごのまわりを行き来していた。シャンパーニュ地方で音楽好きな大家族に育った彼は、やがて家族で演奏する室内楽の魅力に引き込まれる。

10歳のとき、故郷を離れてパリに上京したが、その時にはまだ、これからどんな人生が待ち受けているのかは知る由もなかった。パリ高等国立音楽院、国際コンクール、厳しくもあたたかく、しかし要求の多い、名教師ピエール・サンカンの8年間にわたる教え。そして彼は、音楽の国際舞台へと押し出されるのであった......


ジャン=フィリップ・コラールはしかし、師の名前を、自身の才能を保証するものとして大きく振りかざすようなことはなかった。音楽的に成熟していった重要な時期に育まれたヴラディミール・ホロヴィッツとの友情についても、やっと何かの機会にほのめかすくらいだった。師からは深く格調高い「歌うこと」の秘密を学んだが、そのおかげで彼は、中間的な色彩に満ちた叙情性や、琴線に触れる温かな秘話を鍵盤を通して語るマエストロとなった。

このような徳性によって彼は、フォーレからサン・サーンス、プーランク、ラヴェルまで、フランス音楽の光と陰を存分に表現する巨匠とされているのだが、同時に、驚くべきピアノのレパートリーを熱情をこめて華々しく演奏することも忘れない。


今までに EMI Classics から60点にのぼる録音をリリースし、シャンゼリゼ劇場、ロイヤル・アルバート・
ホール、カーネギー・ホール、コロン劇場など、ヨーロッパ内外の大ホールで精力的な活動を展開するジャン=フィリップ・コラール。フランスの聴衆には周知の演奏家、アメリカの聴衆にはお気に入りピアニストとして、世界を股にかけて、多くの一流の指揮者と共演してきた実力派である。

Agence de communication Peach